ネガティブシンキングでいるとどうなるのか?

ネガティブシンキングでいるとどうなるのか?

ネガティブと言われるとあまりいい印象はないかもしれません。ネガティブな考え方はデメリットにとらえがちですが、実はメリットがあることをご存じでしょうか?

実はネガティブであるがゆえのメリットも存在するのです。それがいいかは別としてどんなものなのかは知っておくと便利かもしれません。誰しもポジティブとネガティブを同時に抱えているわけですからね。

吉野式記憶術公式HP

ネガティブであるということ

ネガティブとはどういうものかそれがわかればメリットもデメリットもわかってくるはずです。そのあたりから注目していきましょう。

ネガティブな人のメリット

ネガティブな考え方をする人は、常に悪いケースを想定して、保守的に物事を進めることができます。

これは、仕事を行う上で大きなメリットとなります。悪いケースを想定できている人は、手順のひとつひとつを丁寧に取り組むことができます。そのためミスが少なく、大きな失敗を起こすことはそうそうありません。

また、いざ最悪な事態に遭遇したときも、日頃からそういった事態を想定しているため、落ち着いて行動ができるというメリットも持ち合わせていると言えるでしょう。

ネガティブな人のデメリット

ネガティブな考え方のメリットとして、保守的に物事を行えることです。

ただ、場合によっては、これがデメリットにつながることもあります。保守的に物事を行っている間は、積極的に行動するときに比べて、「失敗する」というリスクが小さいです。

人は失敗をすることで自分を成長させることができるため、保守的に行動をしていると、どうしても成長する機会を失ってしまいがちになります。保守的な考え方も大事ですが、ときには新しい挑戦をすることも大切です。これは自信のなさから来ている場合が多いです。

さらに人によっては否定的なことしか言わないと人格から否定されるケースもあります。そのため対人関係に問題があるのではと思われてしまうこともしばしばあります。

ネガティブな人のまとめ

ネガティブであることは悪いことではありません。ネガティブがゆえに自信もなくなにもしないそういう後ろ向きの行動はあまり人から称賛はされないでしょう。

ひとりでいるのなら問題ありませんが、友人や会社、そして家族といるときにはその面がマイナスに働くかもしれません。

吉野式記憶術を受ければ自分のことを受け入れポジティブになれます。

変わりたいのなら受けるのもありだと思います。

吉野式記憶術公式HP TOPページを見る